スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月命日ということで・・・。

2011.12.10 11:10|宗教






お坊さん1





今日は祖父の月命日でした。

毎月、うちではお坊さんにきてもらっています。

真言宗ということで、摩訶不思議なお経を唱えられ、

だいたい15分くらいにピタッと終わりますね(笑)


母はお布施を渡す係なのでいつも、お坊さんがくると、

ピタッとくっついていますが、

お経の意味はわからないようで、

眉間にしわをよせて神妙な顔をして終わるまでいます(笑)


ふと思ったんですが、

生きていてわからないお経を死んだら突然に理解できるのか?

ということなんです。

死ぬと「仏さん」というぐらいなので、できるのか?と思いました。


でも、「仏さん」になりお経が理解できる人なり霊が、

お坊さんに毎月、お経をあげてもらう必要があるほど、

困ったり、苦しむのか?という疑問もでて、

結局は、お坊さんのお経は無意味なんだろうなと思います(笑)



お坊さんには、ごめんなさい・・・。



スポンサーサイト

命あるものと思って・・・。

2011.12.10 10:58|宗教




京都1




「人間は死ぬんですか?」ともし聴いたら・・・。

「当たり前だろ?」とバカにされるでしょうね(笑)

でも、実際には誰かが死んだときによく聴くのは、

「突然、亡くなったのよ・・・。」という言葉です。

病人に対してもそう言うのですから、

元気な人に対してはなおさらのことでしょうね(笑)



ということは、自分もいつかは死ぬとは思いつつも、

それがいつのことかはわからないので、

あたかもいつまででも生きられるような感覚でみんなが生活していると、

この頃、よく思うんですよね。




もし、自分が今日を最後に死ぬと決まっていたら・・・。

めちゃくちゃ暴れる人になるか?

はたまた、昨日まではガミガミと怒ってきた人にでさえ、

何か感謝の言葉とかを言うんだろうな・・・と想像しますね・・・。


執われから脱するには・・・。

2011.12.10 10:47|宗教






チワワ1







知的障害者の方のケアに入ったときのことです。

事前の打ち合わせで知的障害者の方は「こだわり行動がある」とのことでした。

例えば、水が好きだったら、噴水、トイレ、土管のなかまでのぞきます。


ある時、母がどうしてもダイエーのうどんが食べたいと言いはりました。

で、一緒に食べに行ったのです。


その時、はっ!と思いました。


人間には誰しも「こだわり」がある・・・。

その「こだわり」ゆえに苦しみ、苦しんでいる自分が、

不当だと思って、また、その「こだわり」に妄執してしまう・・・。


自分もいろいろな「こだわり」、「執われ」がある・・・。

勝手にそれに縛られて苦しみをつくってもがいている・・・。


では、どうすれば「こだわり」、「執われ」から脱することができるか?


欲求が満たされれば、今まで、それに狂ったように言動していたのに、

嘘のように、平静な気持になることがある・・・。


では、まず、欲をコントロールする必要がある・・・。


何によってか?


人は満たされた気持ちになると、とりあえず、落ち着きがでる。

「感謝の気持ち」が大切だというのは、こういうことからでもあるのか?

と思いましたよ・・・(笑)

誰であろうとも・・・。

2011.12.09 04:06|フォトエッセイ




柴犬3



私は今年の前半、椎間板ヘルニアで主に苦しい生活でした。

せっかく、家族の協力でデイサービスで生活相談員にまで、

キャリアアップし、

社長から認められて第3事業所の所長にと、

言われていた話を棒にふるしかありませんでした。


しかし、ケアマネージャーになりたいという希望がありましたので、

まったく腰を使わない見守りの15分程度の仕事を、

ある事業所からもらいました。


その利用者は筋ジストロフィーの方でしたが、会社の障害者枠で勤めに出ていました。

階段での転倒の危険があるため、私が見守り・・・というわけです。


仕事が終わると幸福の科学の信仰をもっているので、

ついあの利用者が他の宗教の方だったら・・・という考えが起きました。


しかし、信じられない気持が自分のなかにあることに気付きました。

「私はだれであろうとも困っている方の役にたちたい・・・。」


そんな自分のなかに宿っていた「光」に涙がでました。

そして神様に感謝したのでした。

純粋でありたい

2011.12.09 03:53|フォトエッセイ




imageCA9HSRPN.jpg




私はSEO対策の勉強でFC2ブログをはじめました。

そうしたことからコミュにたくさん参加したわけですが、

オタク、引きこもりなどの、かつての自分と同じ苦しみをもった方々と

出会いました。


私は「心のスープ」というカテゴリをつくって、

なんとか少しなりとも元気になってもらえるような、

自分の体験を踏まえた文章を書き込みしたのです。


昨日の夜に自分のブログが検索の仕方によると、

ヤフーなどでトップページにのっていることをしりました。

そのときには、なつかしい方々の名前が紹介で出ていて、

涙がでたものでした。


しかし、昨日の朝からにかけての私の書き込みは、

明らかにトップページにいるためのものになっていました。

過去の記事確認をすると・・・。


私はそういうつもりでは「心のスープ」を書き込んだのではありません。


だから、もう、検索はやめようと思うのです。


何位であろうがなかろうが、

1人でも私の書き込みで元気になってくれる方がいるのであれば、

私には少なくとも、その方のためにこのブログを書き込み義務が

あると思うのです。

静寂のなかで

2011.12.09 03:35|フォトエッセイ




夜景



2時頃、起きて仏教書を読んでいました。

私たちは外部からの刺激で、あるものごとにこだわり、

あるいはハイテンションになり、

あるいはローテンションになりますが、

こうして誰もいない、起きていない時間に静かに、

仏教に触れてみると、

いかに本来の自己を忘れて、

動物的な本能のようなものに振り回されているか?ということに、

悲しい気持ちになりますね・・・。

病気のおかげで・・。

2011.12.08 09:28|ブログ




あかちゃん1



私は病気のおかげでずいぶんプレゼントをもらった気分です。

長患いの途中では、

「なんで俺だけが・・・!」と運命や家族、人を恨んだものです。


しかし、今は優しい妻がいて長男もいます・・・。

暖かい家族に見えてきました。

いや、実際は暖かい家族だったのです。

自分が自分の人生をうまく切り開けなくて、

八つ当たりばかりしていただけなのです。


今でもパートくらいしか働けないんですが、

普通のサラリーマンと違って時間があるので、

本を読んだりして考え事をします。

それをもとにこうしてブログの書き込みなどもしています。


そして、「永遠の世界」を一瞬ですが垣間見ることができました。

これは人生の何よりも代えがたい体験でした。

まだまだ悩み、苦しむことがありますが、

そういうときには「永遠の世界」へと心を遊ばせることもあります。


空気を吸って・・・。

2011.12.08 09:18|宗教




天空



空気を吸って、突然、涙がでました。

空気は一瞬でもなくなると苦しくなり、

ついには死んでしまうものです。


でも、普段は意識していません。

そして、

1円も空気にお金を払ったことはありません。

神様に対して・・・。


それでも空気は一瞬でも途切れることがなく、

与えられています。


そうした世界のなかで、

自分は何を考え、

どういう言動をしているのか?と思うと、

涙がこぼれ落ちたのです・・・。

祈りのことば

2011.12.08 09:01|宗教




s001.jpg




マザーテレサは私が尊敬する偉人の一人です。

マザーテレサの祈りのなかで介護の仕事に入るときに必ず唱える祈りがあります。



「主よ。

 世界中に散りばりし兄弟姉妹。

 貧しく生き、誰からも看取られることなく死んでいく人に

 奉仕するにふさわしい人間に私をしてください。

 私の手を使って今日、必要な糧を彼らに与え、

 私の愛を使って

 彼らに平和と安心をお与えください」


というものです。


私もそういう人になりたいからです。




仮のものでありながら・・・。

2011.12.08 08:50|宗教




9906387_jpg-thumbnail2.png


写真は浜崎あゆみ、あゆですね(笑)

夫婦で好きですからDVDで音楽を聴いたり、ライブを見たりしますよ(笑)

もともときれいな人なんでしょうが、プロのカメラマンが撮り、

画像加工をするともっときれいですね。

幻想的な感じさえします。


ところが、例えばですが、50年後にもこういう姿か?といえば、

そんな人はバケモノですよね(笑)

赤ちゃんから始まって年老いて死んでいく・・・。

その時々の「浜崎あゆみ」は違うと思うんです。

肉体的にもそうでしょうが、肉体に伴って精神的にも感情は違うはずです。


そうしてみると、「これが浜崎あゆみです!」と掴みとれるか?という問題を

私が仮に出したとしたら、

あなたなら「いつの浜崎あゆみが本当の浜崎あゆみです!」と、

取り出しますか?


時々刻々と世界は人間は自分は他人も変化していきます。

時間の流れを止めることができる人はいません。

だから人はそういう「不確定な世界」のなかで、

「確定した世界」を求めるのだとも思います。


しかし、変化していく自分、他人、世界のなかでは変化に対応するのが正解です。


そのなかで「私はこうです。」というもの、

ギリシャ哲学でいう「イデア」を掴み得ることができいたならば、

こういう美しい時代も自分であり、老いさらばえた自分も自分であると

自分や他人を愛することができるでしょうね・・・。




人が信じられないときに・・・。

2011.12.08 08:27|心のスープ




4柴犬



人が信じられなくなる瞬間、時期は誰しもあると思います。

そうしたときに、自分自身を振り返ってみてもらいたいんです。

そうしたときに自分のことでさえ嫌いになっていないかを・・・。


人のいいところがよく目につくときには自分自身も順調なときが多いですね。

ところが・・・。

自分自身が不調なときには自分が自分を一番、責めていることが多いですよね。

「こんな自分だから・・・。」と。


だからそういうときには輝いていたときの君を思い出してみたもらいたいんです!

毎日、毎日、鏡に向かってニッコリとしてみてください。


楽しかったときのことが思い出すこともあると思うんです。


「笑顔は努力に比例する」という言葉をなにかの本で読んだことがありますが、

人生につまづいて誰も信じられなくなっているときにこそ、

まずは、笑顔でいよう!と努力することが大切ですね。


僕もブサイクですが笑顔の練習は毎日、していますよ(笑)


認知症でありながら・・・。

2011.12.08 08:02|介護




k0508462.jpg




ある利用者は昭和天皇に仕える方にお茶をふるまっていました。

やがて認知症となり、高齢者専用住宅に入居なさいました。


高齢者専用住宅には介護ブースがあり、そこの責任者が私に言いました。

「あの利用者の入浴介助を頼むわ」

私は驚きました。

昭和の初期に青春を過ごされ、天皇に仕える方にお茶をお出ししていた方です。

男性に肌を見せるのは、死ぬほどいやではないのか・・・。


入浴の時間になりました。


脱衣所でやはりもじもじされ30分が経ちました。

「私だと肌を見せるのは抵抗がおありですね・・・。」と申し上げると、

「あなたの仕事でしょ?迷惑をかけてしまします・・・。」とおっしゃいました。


結局、女性のスタッフがその利用者の入浴介助をしました。


責任者は社長でもありながら「認知症だから忘れるから・・・。」と

私に言いましたが、その利用者をバカにしていました。


認知症のその利用者は認知症という障害を持ちながらも、

「人を思いやる心」は忘れていませんでした・・・。

早朝の介護で・・・。

2011.12.08 06:50|介護



夕焼け



早朝の介護である男性の利用者の紙オムツの交換に行っています。

その男性はもともと会社員で役職に就かれていました。

顔立ちがそういう顔なので・・・(笑)


「髭そりを・・・。」と何度となくおっしゃるので「どうされましたか?」と伺うと、

「髭をそってもらいたい・・・。」とのことでした。


それから毎朝、髭は剃っています。


その方にとっては毎朝、何十年とやってきた「髭そり」はとても大切なことなのでしょう・・・。

祈り・・・。

2011.12.07 22:41|フォトエッセイ



FreedomToWorship.jpg


「おもう」という日本語にはいろんな漢字があります。


「思う」は動物的な反応ですね。



「想う」はある程度のストーリーがあります。



「念う」には実現の力があります。




ただ、人に迷惑をかける「おもい」というのは、長くはつづきません。



そういう意味では「祈り」は素晴らしいですね!

「念う」にあたることでも、

人の幸せを祈るものですからね!

まず話を聴くことに徹する。

2011.12.07 22:24|心のスープ




柴犬




常識から考えて、自分の子供の態度に、頭にくることはやむをえないことです。

ただ、カルカッタの聖人、マザーテレサは正直にこう言っています。


「嫌悪感を抱くことはごく普通のことです。
 
 しかし、聖人になろうとする秘訣は、

 その嫌悪感に打ち勝つ精神を持つことなのです」と。


聖人になる・・・というのは少し難しいことではあると思います。

しかし、自分の子供にとっての聖人・・・にはなれる!と思うのです。

なぜなら、親であるあなた方以上にその子供のことをよく知っている人は、

冷静になってみるといないからなのです。


ですから、自分の思い描いた子供に育っていない・・・と思うときに、

問いただすわけでもなく、詰め寄るわけでもなく、

子供の話に耳を傾けてほしいのです・・・。


なにか原因があるのです。必ず・・・。

それを探るためにまず聴くことに徹することが大切です。


そして、道に外れたことをしたとしても、

人間には良心というものがあります。

それを絶対に疑わず信じてほしいのです。


彼ら、彼女らは、そうした大きな気持ちをもつあなた方のところへ、

必ず帰ってきます。


そのときにおもいっきり抱きしめてあげてください。

気持ちごと、抱きしめてあげてください。


人間、誰しも道に外れることはありますが、

そうした自分を許す、許していいんだな?と彼ら、彼女らに思わせることができるのは、

他ならぬあなた方だけなのですから・・・。


不登校児を持つ方へ・・・。

2011.12.07 22:08|心のスープ



柴犬2




不登校児を持つ方は毎日がいたたまれないでしょう・・・。

自分が不登校をしたこともあり、両親を含めた家族の動揺は、

すごいものがありましたから・・・。


ただ、信じてあげてほしいのです。


彼ら、彼女らは、失礼ながら、親であるあなたがたよりも、

何倍かのつらさや孤独に耐えようと必死で生きていることを。

そうした冷たい雨に打たれながらもあなた方の期待にこたえようと、

自分なりにいろいろな態度を示しているということを。


狂ったかにみえるような反抗をするときには、

彼ら、彼女らはそのつらさ、孤独から耐えきれない気持ちから、

どうすることもできずにあなた方に救いを求めている表現なのです。


そうしたときに、振り返ってみていただきたいのですが、

あなたは、どういう言葉で、行動で、彼らや彼女らに接しましたか?


その荒れ狂っている彼ら、彼女らの心が安んじるような言葉を、行動を、

どうしたらとれるのだろう?と考える親としてのあなた方であってあげて

ほしいのです・・・。

ノーマンロックウェルの絵・・・。

2011.12.07 21:54|フォトエッセイ


Doctoranddoll.jpg

アメリカを代表するイラストレーター、画家のノーマンロックウェル・・・。

一番、好きな画家の一人です。

なぜか?と聞かれると「やさしいから・・・。」としかありません。


このアップした絵もそうですが、子供が自分の大切な人形を心配している・・・。

その人形の診察を病院の先生がする・・・。


子供の気持ちに共感して、本当に診察をしている先生の顔は、とてもやさしい・・・。


ノーマンロックウェルもきっとそういう人だったに違いありませんね(笑)

一人、一人の名前が・・・。

2011.12.07 21:19|心のスープ


一人、一人の名前が「ヤフー検索」の僕のブログの紹介で見えた時、

僕は泣いたんだよ・・・。

君がなにかしら少しなりとも僕の文章で感動して元気になってくれたのかな?

そんなことを考えていました。


僕はいつわることなく自分の昔の経歴や今の状態、未来の夢を書き込み、

僕にできたことは必ず君にもできる!と時には泣きながら書き込みしました。

一人、一人の名前を見て、メッセージをくれたときのことを思い出して、

今も感動で泣きながら書き込みしています。


君のブログはもしかしたら今は検索してもでてこないかもしれない・・・。


でもね、君がエバァンゲリオンなどのイラストを描いたり家でいろいろなことを、

孤独に耐えながらしていることは、決して意味のないことではないよ。


「孤独に耐えて何かを掴んでほしい!」と思います。


それが君を生涯、活かす力になると信じています!








「フォトエッセイ 西宮」で!

2011.12.07 21:07|ブログ



いよいよコミュニティの力ではなく、自分のSEO対策の理屈を試したい!

そんなことを思っていました。

ある無料ブログサイトからブログを書き込み、SEO対策をして、しばらく待つ・・・。

「フォトエッセイ 西宮」で検索すると、そのブログ名はでてこない・・・。

と、「REBIRTH]ということで、ヤフー検索の2ページ目のトップに出ていました!


すると、題名の紹介にリンクしてくださった方々の名前が紹介されていました。


涙が出ました・・・。


私は、FC2ブログでもSEO対策の勉強の1年の仕上げ!という気持ちはありました。

が、コミュを見て参加したなかで共感したのが、してくれたのが、オタクといわれる人が

多かったのです・・・。

私はオタクですが、彼ら、彼女らの気持ちが痛いほどわかりました。

それで「心のスープ」だけは純粋に彼ら、彼女らへのメッセージにしたかったのです・・・。

まだ、FC2の仕組みがわからないで、実際には「フォトエッセイ」はできていません。



でも、「フォトエッセイ西宮」ということではでたとは言え、

仏教でいう「同苦同悲」の気持ちでときには泣きながら書き込みをした文章が、

オタクといわれる彼ら、彼女らの気持ちを少しなりとも潤したのか?と思うと、

今も泣きながら書き込みをしています。

「心のスープ」苦しみは・・・。

2011.12.06 01:20|ブログ



エバァンゲリオン風の絵が好きで、自分でもそういう画風の絵を描いている君に、

久方ぶりのメッセージです。



僕は小学3年生の時に、ドラえもんの絵を描き始めました。

もう、30年になろうとしています。



神経疾患で進学した大学に行けなくて家のなかでもできることは?と、

考えた結果が絵を描くことでした。



いろいろな写真の似顔絵を描いて高校の美術の先生のところへ持っていったりも

しましたよ(笑)


結果、美大受験をしましたが2浪して諦めてムサ美の通信科に行きました。


卒業してしばらくは絵を描いてましたが、元気になってきたので、就職しました。


それから20年ぶりに今、絵を描いています。


そこそこ描ける自分にビックリしていますね(笑)


あとは、デジカメで写真を撮ったりもしています。


君がエバァンゲリオンとかいろいろな作品から感じた美しさとかは、

継続して模写などしていくうちに技術がついてきて、

自分の作品を描きたいを思うようになりますよ。


そのときに「自分のなかにはこんなに美しい世界があったんだ・・・。」と、

きっと感動するに違いありません。


もし、「こんなことをしていてもお母さんは全然、誉めてくれない・・・。」と、

嘆いているときにはこのブログのページを読み返してみてくださいね(笑)


11 | 2011/12 | 01
-
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

ひろぶり

Author:ひろぶり
病気から信仰を得て生まれ変わったようでした。

そこからこのブログの名前を「REBIRTH]にしました。

生活のなかから「光」を写真、文章で切り抜きます。

そうしたフォトエッセイです。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ブロとも一覧


西宮アリリのブログ

you are my sunshine

女神の時代 ~シャーマニズム・アート・意識の進化~ 

空中散歩

晩酌がてら クダを巻く

オウチャッくま!

ショッピングカートレース

気ままな雑記帳

ニク速

お小遣い日記(初心者アフィリエイター:目指せ月収10万UP)

T ROCK

うんたんの部室

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。